医者

不登校や精神的うつ病は専門医に相談しよう│メンタルヘルパー

原因を知る

医者

人間関係はそう簡単なものではありません。喜びなどを感じることがあれば、ストレスなどを抱えてしまうこともあります。また、うつ病の原因は人付き合いだけではありません。

詳しくはコチラ

早めの対処

診断

躁鬱病は年々増加するうつ病の症状の一つであり、悪化すると仕事や日々の生活に大きく影響してしまいます。治療には多少費用がかかってしまうものの、被害を拡大させないために早めの対処を行いましょう。

詳しくはコチラ

ストレスが主な原因

心のケアを丁寧に行なってくれます。川崎市の精神科はこちら。治せない癖がある場合にも最適な改善法を提案します。

女性1人でも安心でしょう。産業医の紹介を行なっているところでは女性医師の指定が可能となっているので利用がしやすいです。

若い世代にも多い

男性

あらゆる病気の中でも絶対的な解決方法が無いと言われているのが精神的な病気です。精神的な病気といっても今ではかなり多くの種類が発見されており、それぞれで症状も異なります。10代という若い世代でも精神的な病気にかかってしまう人が増えており、悪化すると不登校や登校拒否などを招いてしまいます。20代前半の社会人なりたての若者にも精神病を患う人は多く、学生から社会人へのギャップが原因となって無断欠勤等の行為を繰り返し行なう症状が現れます。これらの症状は1人で解決しようとしても上手く治療を進めることはできません。まずは周囲の人が異変に気づいて心療内科などのクリニックへ相談しに行ってあげることも大切なのです。こうした精神病の多くはストレスが主な原因となっているので、改善や予防をする為にも、自分自身のストレスを発散する場を見つけておくことが肝心です。悩みを友人や家族・恋人に打ち明ける、運動や読書などでリフレッシュする等も1つのストレス対処法と言えるでしょう。

医師に相談しよう

精神病を改善していく為にも、まずは精神科や心療内科などがあるクリニックへ相談しに行くことが大切です。精神科や心療内科では、患者の症状が出てきた背景をカウンセリングによって導き出し、心と身体の両方からアプローチして精神病を改善させてくれます。精神病の症状は本人も無意識のうちに発生することが多くある為、本人のみならず家族や友人まで症状の影響を受ける場合があります。本人と一緒に家族や友人もクリニックへ足を運ぶことによって、患者との接し方を医師から指導してもらえることもあります。病気について何も分からないまま患者と接するとかえって悪影響を及ぼす場合や、家族や友人がストレスを抱えてしまうこともあります。精神病は患者のペースに合わせて改善していくことが大切です。精神科などでカウンセリングを受けながら徐々に回復を目指すのが良いでしょう。

厄介な症状

診断

双極性障害、と診断される方がいます。こちらは通常のうつ病と違って心のアップダウンが激しいというもので、誇大妄想が増えたり眠れなかったりなどの症状が現れます。そのため、きちんと双極性障害に向けた対応を行いましょう。

詳しくはコチラ

イチオシリンク集

  • スマイル・ユー

    専門のカウンセラーが対応してくれるのでオススメ。カウンセリングを大阪で希望する方に最適なので、こちらのサイトをご覧ください。