医者

不登校や精神的うつ病は専門医に相談しよう│メンタルヘルパー

早めの対処

躁鬱病にかかる治療費

診断

躁鬱病になると仕事や日常生活に影響が出てしまうため、仕事が続けられなくなったり治療費に収入が圧迫されてしまう患者が少なくありません。その治療にかかる金額が原因になって治療を断念してしまっては、治るものも治らなくなってしまいます。 さらに金銭的なものが原因となって、躁鬱病の症状がもっと進んでしまうこともあり得ます。そうならないように、金銭的な問題は早めにクリアしておくことが大切です。 うつ病の治療にかかる費用の目安は、一月あたり3,000円から10,000円とされています。躁鬱病の治療は長期間かかるのが普通ですから、もし病気が原因となって無職になっているような状況であれば、この金額が今後重くのしかかってくることが考えられます。

躁鬱病が原因で働けなくなることは想定されている範囲のことなので、それを補助する制度もきちんと用意されています。たとえば自立支援医療といったものや精神障害者保健福祉手帳といった制度を利用するのもいいはずです。 自立支援医療は通常より医療費の負担が軽くなるので、医療費の自己負担が1割程度になるメリットがあります。さらにこの制度は所得によって上限が決まっていますから、最大でもひと月の医療費の支払額も20,000円までの負担ですみます。 それに加えて精神障害者保健福祉手帳を取得することができれば、税制面での優遇や公共施設の利用などで優遇が受けられます。これらを合わせて使うことで、長期に渡る躁鬱病の治療にも備えることができるのです。