医者

不登校や精神的うつ病は専門医に相談しよう│メンタルヘルパー

厄介な症状

双極性障害の注意すべきこと

診断

双極性障害はうつ状態と躁状態とでは対応方法が異なるため注意する必要があります。 その日に状態を観察し、適宜対応していくことが必要になります。 うつ状態の症状には、自殺企図が一番怖いため自殺をしない約束をすること、被害妄想などに関して曖昧な対応はせず、しっかりと傾聴する(否定も肯定もしない)対応が大切になります。 躁状態の症状には、感情は高揚状態となり、多弁や誇大妄想が多くなります。 ですので、睡眠不足に陥ることがあります。また、自分の大切にしているものなどを気前良くどんな人にでも分け与えることもありますので対応には注意が必要です。 うつ状態と躁状態の症状をしっかりと確認をして、状態に合わせた対応が必要になりますので、非常に介護者にとってもストレスが多くなります。 双極性障害をもった人だけではなく、サポートするスタッフのケアも非常に大切になります。

症状の理解と対応策について

双極性障害と聞くと馴染みは薄いですが、うつ病や躁病と聞くと馴染みがある人が多いと思います。 双極性障害とは、うつ病と躁病を合わせ持った障害の人のことをいいます。 症状としては、うつ病の被害妄想や閉じこもりなどの状態と、躁病の誇大妄想や精神運動興奮の状態が繰り返し出現することがあります。 共に対応方法が真逆と言ってもよい程、異なっています。 双極性障害になる原因は未だ不明ですが、20代に多いことから社会でのストレスが大きく影響していると考えられています。 治療法としては、精神安定剤などの薬物療法、心理療法、社会的サポートが主となり、医師や看護師、薬剤師、作業療法士などが包括的に関わり、サポートしていきます。